予防歯科

健康を損ねる因子を防ぎ、取り除くことを目的とします。
つまり、痛くなる前にお口の中の健康を守り、また増進するための、積極的な医療こそが、病気の原因から治す方法であり、予防歯科の考え方の原点です。
患者様の状態にあったブラッシング指導、クリーニング、PMTC、フッ素塗布、3DSを定期的に行なっております。

PMTCとは

PMTC(P・M・T・Cとはプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略 )とは、簡単に言うと歯磨きしても落ちない歯の汚れ(タバコのヤニや茶渋など)や細菌の巣(バイオフィルム)を、歯科衛生士が 専用の機械によって強力に取り除く方法で歯と歯の間など、自分では磨きにくいところや歯磨きのくせでよく磨けていないところもきれいに磨きます。  

虫歯や歯周病の原因の1つにプラーク(歯垢)があります。歯と歯ぐきの間や歯ぐきの境目などは、毎日きちんと磨いていても、磨き残しを完璧に防ぐことは、なかなか難しいものです。日本人成人の80%が歯周病といわれているように完璧に磨けていない方が多いのが分かるでしょう。こういった理由から、虫歯や歯周病が進行するのを防ぐために、私たち歯科衛生士が専門器具と特殊ペーストを用いて、隅々にわたり徹底したお掃除を行います。  

虫歯の原因となる細菌は歯の表面に“細菌バイオフィルム”と呼ばれる薄い膜を作り増殖していきます。ちょうどお風呂のヌルヌルと同じです。 “細菌バイオフィルム”ができてしまうと、日常生活のブラッシングで除去することは不可能となってしまいます。厄介なことに、抗菌性の薬も弾き返してしまうほどの強さをもっています。 PMTCは“細菌バイオフィルム”を物理的に取り除くとができます。

PMTCの流れ

Step1

プラークがどこに残っているのか染色液で確認します。

プラークがどこに残っているのか染色液で確認します。
(行わない場合もあります)

矢印

Step2

歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。

歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。

矢印

Step3

プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。

プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。

矢印

Step4

歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目の汚れを落とします。

歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目の汚れを落とします。

矢印

Step5

さわやかな洗浄液でお口の中をきれいに洗います。

さわやかな洗浄液でお口の中をきれいに洗います。

矢印

Step6

歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯面にフッ素を塗布して終了です。

歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯面にフッ素を塗布して終了です。

3DSとは

3DS(Dental Drug Delivery System)は虫歯や歯周病の予防効果を高めるためにおこなう予防歯科治療です。専用のマウスピースに薬剤を注入して装着することで、虫歯菌や歯周病菌に直接作用させて除菌し、悪化させる要因である歯垢の定着を集中的に抑える治療です。  

このような方に3DSをお勧めします

当院では虫歯も歯周病もまずリスク検査からおこない、それぞれの病気の“なりやすさ”を判断します。その結果より、3DSが必要な患者様にのみお勧めしています。 一般的には以下のような方が3DS適応者になります。  

大人の適応者 

  • 虫歯になりやすい・虫歯で苦労してきた方
  • 歯周病になりやすい・歯周病で苦労してきた方
  • かぶせ物や詰め物などの治療痕の多い方
  • これから矯正治療を始めようと思っている方
  • ご自宅に“これから歯が生え始める子”のいるご家族 (母子感染防止)
  • ご自身の口腔ケアに自信のない方
  • 口腔や全身の健康にもっと気遣いをされたい方 
子どもの適応者 

  • 虫歯になりやすい子
  • 多数歯が虫歯の子(虫歯だらけ:ランパンドカリエス)
  • 乳歯から永久歯への感染防止

お手入れについて

私たちはお手入れ重視型診療所です。 健康のための主治医はあなた自身なのです。

お手入れについて

Case1

治療内容
治療内容

取扱メーカー

ivoclarvivadenl
江東区時間
NPOの最先端のむし歯・歯周病予防
Medibody